スポーツのブログ

欧州サッカーに関するブログです

[映画] 黒沢清『ドレミファ娘の血は騒ぐ』(1985)

f:id:djsportsmanship:20170305153534j:plain
2017年3月4日(土)@ 早稲田松竹

 是枝裕和早稲田大学で映画製作の授業を持っているらしく、彼による監修で制作された学生映画2本との同時上映。学生映画は退屈だったので割愛。

 初期の黒沢作品はほぼ未見なのだが、これは素晴らしかった。 クレジットには、スタッフとして万田邦敏塩田明彦、篠崎誠らの名前が並ぶという贅沢な作品でもある。本来のタイトルは『女子大生 恥ずかしゼミナール』だったらしいが、そのタイトルを裏切らない日活ロマンポルノ的な内容。

 赤と緑、落下、アジテーション、つなぎ間違い…多くの人が指摘している通り、とにかくゴダール。かなり笑ってしまったのだが、編集の生むリズムも抜群で、黒沢がゴダール同様に運動神経の良い監督だということを痛感した。とりわけ、『女は女である』(1961)ばりの、俯瞰ショットによるミュージカルは映画的な喜びに満ち満ちている。色彩感覚は当時から冴えていたのだろう、赤の置き方やアヴァンな照明が目を引く。唐突に挟まれる小津的な切り返しも良かった。これをゴダールかぶれのシネフィルが撮った青臭い映画だと一蹴するのは簡単だろうけど、僕はそれ以上の映画だと確信している。意味や心理的なものを画面から消して、とにかく映画の原初的な喜びを撮ることに終始している。最高だ。

 ま、そんなことよりこれがデビュー作だという洞口依子の挑発的なくちびるにやられてしまうよね。

 

 

ドレミファ娘の血は騒ぐ [DVD]

ドレミファ娘の血は騒ぐ [DVD]